アクセス解析

介護保険について

「施設サービス」を選択した場合

施設サービスは、介護が中心か、治療が中心か、またどの程度医療上のケアが必要かによって、入所する施設を3種類から選択します。

生活全般の介護が必要な方は
●介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
日常生活に常時介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。食事、入浴、排泄などの日常生活の介護や健康管理が受けられます。
 
在宅復帰を目指しリハビリを受けたい方は
●介護老人保健施設
(老人保健施設)
病所が安定し、リハビリに重点を置いたケアが必要な高齢者が入所します。医学的な管理のもとで、日常生活の介護や機能訓練が受けられます。
 
病院での長期的な療養が必要な方は
●介護療養型医療施設
(療養病床等)
急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする高齢者のための医療機関の病床です。医療、看護、介護などが受けられます。


指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)入所指針が平成15年に作成されました。この指針は入所の必要性の高い方を優先的に入所していただくために、入所選考方法を定めたものです。
入所申込みは、本人または家族等から施設に行いますが、直近3ヶ月分のサービス利用票等が必要になりますので、事前に介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談してください。



「在宅サービス」を選択した場合


戻る